瞳のプロフェッショナル? 話しかけたら得をする?「瞳のコンシェルジュ」にコンタクトレンズの小さな悩み、相談してみました。

みなさん、「瞳のコンシェルジュ」って知っていますか?「瞳のコンシェルジュ」とは、コンタクトレンズのことならなんでも相談にのってくれる、
人物紹介 ライター:寺井麻衣 体の頑健さを売りにしているライター。しかし最近、ランニングでふくらはぎを痛めるなどして、加齢の波をひしひしと感じている。パソコンと向き合う時間が長いせいもあり、やたらと目が乾くようになったものの、眼科に行くのは大げさな気がして目薬でごまかしている。これでいいのか...... アイシティ「瞳のコンシェルジュ」:松田美咲 この道10年のベテランコンシェルジュ。幅広い知識と経験を活かして、コンタクトレンズ初心者からヘビーユーザーまで巧みに接客。最近びっくりしたのは、8年前に一度だけ接客したお客様から「あれ、松田さんじゃない?」とお声がけいただいたこと。それほど記憶に残る何か、やっちゃってました?
寺井
はじめまして、ライターの寺井です。
今日はコンタクトレンズについていろいろと教えてもらいに来ました!
松田さん
こんにちは、瞳のコンシェルジュの松田です。
今日は何でも聞いてくださいね!

「瞳のコンシェルジュ」って何?

さっそくですが、「瞳のコンシェルジュ」って
どういうお仕事なのか、聞かせてください。
瞳のコンシェルジュの仕事は、お客様のライフスタイルに合った
コンタクトレンズ選びをサポート
することです。
商品知識や接客スキルを身につけて、
アイシティの店頭でお客様からの相談をお待ちしています!
(店内を見回して)コンタクトレンズは、
種類がたくさんありますけど、全部覚えているんですか?
はい。お客様に合った商品をご案内するうえで必要ですから。
ただ、最初の数カ月は覚えることが多すぎて大変でしたね。
夢にまでコンタクトレンズが出てきたほど......。
コンタクトレンズの夢って初めて聞きました(笑)。
それほどコンタクトレンズに詳しい松田さん、
私にはどんなコンタクトレンズが合うのか教えてください!
おまかせください!
寺井さんはライターのお仕事をされているんですよね。
では、お仕事中はパソコンの画面を見ている時間が長いですか?
そうですね。最近は取材や打ち合わせもほとんどがオンラインなので、
朝から晩までパソコンの画面を見ているような感じです。
パソコンの画面をずっと見ていると、まばたきの回数が減って、
目が乾きやすくなったと言われるお客様は多いですね。
乾きにくい素材のコンタクトレンズもありますので、
そちらをご検討いただくのはいかがでしょうか?
......はっ! 雑談感覚で、私に合ったコンタクトレンズを
おすすめしてもらえた!
いきなり商品のスペックなどについてお話しすると、
お客様が戸惑ってしまうので、まずはコンタクトレンズの使用頻度や
使用時間、使用シーンなどをヒアリングさせていただきます。
じゃあ、相談する側は普段の生活について、
聞かれたことに答えるだけでいいんですね。

「自分に合ったコンタクトレンズ」で視界が変わる!?

どんな悩みがあるお客様が多いんですか?
一番多いのは、コンタクトレンズ使用時の乾燥感や
付け心地に関するお悩みやご相談ですね。
なるほど。でも、私みたいに、相談を思い立つほどの悩みはないまま、
慢性的な不調を抱えている方も多そう
※1です。
そうなんです。コンサルティングをさせていただいたお客様から、
「レンズの種類や度数を変えてみたら、これまでとは異なる付け心地や
視界の変化に驚きました!」とお声をいただくことは少なくありません。

ご来店のお客様からこうしたお喜びの声をいただいたときが、
瞳のコンシェルジュとして一番うれしい瞬間ですね。
気づかないうちに最適な度数が変わっていることもあるんですね。
そういえば私も、しばらく視力をちゃんと測っていません。
もしかしたら、気づかないうちに視界がぼやけていたりして......。
そうですね、自分に合っていると思っていたレンズが
実は合っていなかった、ということも。
アイシティでは、まずは定期的な眼科受診をお勧めしております。
また、コンタクトレンズについて、「誰かに相談するほどのことじゃないけど
気になる」というお悩みがあれば、
瞳のコンシェルジュが全力でサポートさせていただきます※2
そうそう寺井さん、2Weekタイプコンタクトレンズの正しいケア方法って、
覚えてますか?
※1・2 目に違和感や痛みといった症状がある場合には、眼科の診察を受けましょう。
ギクッ!初めてコンタクトレンズを買ったときに教わって以来なので、
記憶があやふやです。
手のひらにレンズを乗せて、指でささっとこすって洗う......でしたっけ?
こすり洗いタイプの洗浄液の場合は、レンズの表と裏の両面を
十分にこすり洗いします。
さらに、レンズを付ける前にすすぎ洗いが必要なものもあります。

「しっかり洗うのは面倒!」という顔をした寺井さん、
つけ置きタイプの洗浄保存液がおすすめですね。
※コンタクトレンズやケア用品には様々な種類があります。眼科医などの指示に従い、それぞれの製品に添付されている
添付文書や使用説明書をよく読みその特徴をご理解いただいた上で、適切にご使用ください。
的確なレコメンドをありがとうございます(笑)。
コンタクトレンズを正しくケアすることも、瞳にとって大事なことですよね。

コンタクトレンズのプロに相談するメリットとは?

そんな松田さんが愛用しているコンタクトレンズはどれですか?
仕事柄、いろいろなメーカーや商品に興味があり、
眼科医の処方(指示書等)のもと、
できるだけいろいろなコンタクトレンズを試すようにしています。
なので、「これをずっと使っています!」というものはないんです。
ただ、使用感には個人差があり、使ったことがあるからといって
「このコンタクトレンズはこうです」とは断言できません。
なので、アイケアに関する基礎知識やさまざまな商品情報を
しっかり頭に入れた上で、実際にお客様の声をお聞きし、
コンタクトレンズやアイケアに関する知見をためるようにしています。
へ~、すごい!松田さんってば、
なかなかの「コンタクトレンズマニア」ですね。
相談する側からすると、心強さが半端ないです!
私なんてまだまだですよ~!(照)
お店にはもっとコンタクトレンズに詳しくて、まさにコンタクトレンズ
マニアといえるベテランのコンシェルジュがいますから。
(コンタクトレンズマニアってほめ言葉なんだ......)
そんなコンタクトレンズマニアこと、ベテランコンシェルジュから
指導・アドバイスを受けているので、新人コンシェルジュも、
コンサルティングに必要な知識がばっちり身につくというわけです。
大船に乗ったつもりで、ご相談いただけます!
そんなプロフェッショナルたちに相談するとなると、
少しは予習をしておいたほうがいいですよね。
何も知らない状態で行ったら、「勉強不足のド素人が」って
心のなかで舌打ちされそうです。
そんなことしません!(笑)
身につけた知識をわかりやすくお伝えすることも、
瞳のコンシェルジュの役割ですから。
難しい専門用語を使わずに、商品の機能や特徴をご説明できるように、
日々接客トレーニングをしていますので、ぜひ予習ゼロでご来店ください。
商品知識のプロであると同時に、接客のプロでもあるんですね!
心の中で罵倒されていなくてよかったです。

「モテるカラコンはどれ?」正解のない質問にも答えてくれる

松田さん、とてもお話ししやすいから、
コンタクトレンズ以外のこともうっかり相談しちゃいそうです。
たまにありますよ。
プライベート要素8割、コンタクトレンズ要素2割みたいなご相談も......。
なんですかそれ、教えてください。
特に印象的だったのは、カラーレンズ(カラコン)を探しに来られた
お客様から「どのカラコンが一番モテると思いますか?」と
相談されたことです。
責任重大なうえに正解がないやつですね。
はい。正解はないものの、
「もとの瞳の色が明るいので、ダークブラウンで普段と印象を変えてみます?」
「盛り系とナチュラル系、どちらがお好きですか?」などと、
相談しながら一生懸命お選びしました。その後、そのお客様から
「この色、めっちゃいい感じです~!」とルンルンとご報告いただいたときは、
本当にうれしかったです。
なるほど。コンタクトレンズって、ただの視力矯正のための道具じゃないんですね。
そうなんです。老眼が気になりはじめたお客様のコンサルティングを
させていただいたことがあったのですが、
その方が近視用レンズから遠近両用レンズデビューを遂げた後、
「私、今までこんなに目が見えていなかったのね」と、
しみじみ呟いていらっしゃって。
そのときは、本当によかったなとホッとしました。
手元が見えづらいと、何をするにも面倒になってしまいますからね。
お客さんに寄り添ったコンサルティング、大事ですね。
それだけに、お店に来ていただかないとコンサルティングができないのが、
もどかしいんですよね。

「とりあえず相談してみるだけ」でも大丈夫?

今日はたくさんお話を聞かせていただいて、ありがとうございました。
私も一度、コンタクトレンズを見直してみようと思います。
ただ、「コンタクトレンズの相談」に行くのって、ちょっとハードル高いなーと
思ったり思わなかったり......。
ハードルは、高くないです。
ショッピングモールに入っているお店にふらっと立ち寄って、
気になることをちょっと相談していただくだけで大歓迎です!
「今日はちょっと急いでて......」というお客様には、
いったんリーフレットだけお渡しすることもできます。
とりあえず、相談してみるだけでもいいんですね。
もちろんです。
じゃあ、今度フラッと立ち寄ってみます!
はい!ぜひお気軽にお越しください。
まとめ コンタクトに関するプチストレスを抱えつつ、「仕方がないこと」という思いで何となくずっと同じコンタクトレンズを使ってきた私。定期的な眼科受診はもちろんのこと、「アイシティの瞳のコンシェルジュさんに相談すれば、解決のヒントが見つかるかも!」ということが判明しました。しかも、「最近、雨ばっかりで困るよね~」みたいな世間話をする感覚で、気軽に相談できるのがうれしいですね。目を酷使しがちなズボラ人間にはどんなコンタクトレンズがぴったりなのか、改めて相談に行きたいと思います!*撮影時のみマスクを外して撮影を実施しています。*現在、アイシティ店舗では新型コロナウイルス感染拡大防止のため、従業員のマスクの着用、手洗いの徹底、体温チェックによる健康管理を実施し、ソーシャルディスタンスを保ち対応しております。また、店舗をご利用いただくお客様にも感染拡大防止のご理解とご協力をお願いしております。●コンタクトレンズは高度管理医療機器です。眼科医の処方(指示書等)によりお求めください。●眼科受診の際には健康保険証をお持ちください。●コンタクトのアイシティでは、一般社団法人日本コンタクトレンズ協会(http://www.jcla.gr.jp/)が制定した「コンタクトレンズの販売自主基準」に基づきコンタクトレンズを販売しております。

らくらくWeb登録でコンタクトレンズが店頭価格(税抜)から25%OFF! 詳しくはこちら