よくあるご質問遠近両用コンタクトレンズについて

最近、近くが見にくいことがあるのですが、なぜですか?
近くを見るときは、目の中の水晶体を膨らませ、近くのものにピントを合わせて見ています(調節といいます)。
ところが、この水晶体を膨らませる力(調節力といいます)は、誰でも年齢を重ねると共に減少するため、近くが見にくくなります。一般に、正視(正常な視力をもつ目)の方ですと40歳過ぎ位から近くが見にくくなります。
近視の人も老眼(老視)になるのですか?
近視、遠視、正視、どんな方でも老眼になります。
近視や遠視でも、メガネやコンタクトレンズで遠方の視力を補正している(正常な視力の状態になっている)場合は、40歳過ぎ位から手元が見にくくなり、老眼が始まります。例えば50歳の近視の方は、裸眼では(正視や遠視の方より)近くが見やすいので、老視がまだ始まっていないように感じられますが、それは見かけ上のことで、実は(遠方の視力を)メガネやコンタクトレンズで補正した状態では、近くは見にくくなっています。
遠視と老眼(老視)は違うのですか?
全く違うものです。
一般に老眼は40歳過ぎ位から始まります。一方、遠視は、裸眼で遠方を見るときに(水晶体が調節をしない状態では)、モノの像が網膜よりも後方に焦点を結んでしまうような眼の状態です。遠視は、年齢には関係なく、若い方にもあります。
乱視があると言われていますが、大丈夫ですか?
遠近両用ハードコンタクトレンズの場合は、乱視があっても、ほとんど視力に問題はありません。
遠近両用ソフトコンタクトレンズの場合は、強い乱視がある場合は視力が出にくいこともありますが、弱い乱視なら、実際の生活上で何の問題もなく使用している方が多数いらっしゃいます。
ソフトタイプとハードタイプがあるそうですが、どちらがおすすめですか?
一般に、ハードコンタクトレンズは、乱視がある程度強い方、細かい文字まで見たい方、老眼が進んでいる方などにおすすめしています。また、ソフトコンタクトレンズは、ハードコンタクトがご使用になれない方、比較的初期の老眼の方、スポーツをされる方などを目安におすすめしています。個人差もありますので、詳しくは眼科医にご相談ください。
遠近両用コンタクトレンズと普通のコンタクトレンズとの違いは何ですか?
素材や、レンズケア(お手入れ方法)、一日の装用時間、寿命などは、普通のコンタクトレンズと何も変わりませんが、レンズのデザインや、度数の分布が異なります。
普通のコンタクトレンズは、遠くを見るための度数がレンズ全面につけられています。一方、遠近両用コンタクトレンズは、遠くを見るための度数と近くを見るための度数の2つに分かれたタイプ、レンズ中央から周辺に向かって遠用度数、中間用度数、近用度数が分布したタイプなどいくつかの種類があります。
近くが見やすくなるのはどうしてですか?
多くの遠近両用コンタクトレンズは、中心部に遠用度数、周辺部分に近用度数が同心円状に分布しています。また、その中間に中間距離用の度数がついているものもあり、このタイプが多いです。
近くを見るときには、頭を下げずに視線のみを下げて(下目使いをして)見ます。視線を下げると、レンズが上方に少しズレ上がりレンズの周辺部(近用度数)を通して見ることになり、近くがよく見えるようになります。
何歳位から何歳まで使えますか?
年齢によって使用出来ないというものではございません。
近視・遠視・乱視の度数や目の状態に関係しますが、40歳未満の方から70歳を超えてもお使いの方がいらっしゃいます。
詳しくは店舗までお問い合わせください。
同じ度数のレンズをどの位使えるのですか?
老視の進み具合はゆるやかですから、同じ度数を長期間使用できます。
ほとんどの場合、普通のコンタクトレンズと同様に、汚れなどで使用に適さなくなるまで(ソフトは2年位、ハードは3年位で、個人差があります)、同じレンズを使用できます。
遠近両用コンタクトレンズで注意すべき点はなんですか?
暗いところでは、明るいところに比べ、遠方が少し見にくくなることがあります。多くの遠近両用コンタクトレンズは、中心部に遠用度数、周辺部に近用度数がついています。暗いところや夜間では、瞳孔が大きく開きますので、周辺部の近用度数の部分も通してモノを見てしまうため、遠方が少し見にくくなることがあります。
遠近両用コンタクトレンズの上から、メガネを併用してもよいのですか?
通常は必要ないのですが、遠近両用コンタクトレンズを装用している状態で、さらに細かいものを見るときに弱い度数の近用メガネを併用することはできます。
また、遠方が見にくいときに、例えば、暗いところや夜間などで、瞳孔が開いてしまうため遠くが見にくいという場合に、遠近両用コンタクトレンズの上から、弱い度数の遠用メガネを併用することも可能です。詳しくはご相談ください。
遠近両用コンタクトレンズをつけると、どのように見えますか?
装用時の見え方をシミュレーションできるアイシティCVISを導入している店舗もございます。
また、アイシティのどの店舗でもご相談いただけますので、遠近両用コンタクトをご検討の方はお気軽にスタッフへお声掛けください。
慣れるまでどれ位の期間がかかりますか?
例えば、遠近両用メガネの場合、使い始めのころは、レンズの周辺部分を通して見るとモノが歪んで見えることがあり、慣れるのに時間がかかることもありますが、遠近両用コンタクトレンズでは、そのようなこともなく自然に見えますので、早く慣れることができます。
個人差もありますが、ソフトコンタクトレンズでしたら1週間前後で、ハードコンタクトレンズでも2週間ほどで慣れることができます。コンタクトレンズ経験者の方でしたら、わずか数日で慣れたという方もいらっしゃいます。
遠近両用コンタクトレンズを使用している人は多いのですか?
遠近両用コンタクトレンズは、数年前から普及し始めました。最近では、ソフトコンタクトレンズや使い捨てコンタクトレンズが開発され、愛用される方が増加して、多くの方々にご満足いただいています。

PAGE TOP