瞳のため、地球のため。

アイシティ eco プロジェクト logo

CONCEPTアイシティ ecoプロジェクト

アイシティ ecoプロジェクトでは
使い捨てコンタクトレンズの空ケースのリサイクルを行っています。
空ケースはゴミとして燃やさないことでCO2削減に貢献。
再製品化することで、限りある資源を大切に使います。
また、リサイクルによる収益は、視力を取り戻す活動に寄付。
リサイクル業務では障がいがある方に携わっていただくことで、
自立・就労支援につなげています。
すべての瞳と美しい地球のために。
誰ひとり取り残さない豊かな社会のために。
アイシティは、これからもecoプロジェクトに取り組んでいきます。

CONCEPT 画像
累計ケース回収量 累計ケース回収量 504.73t (空ケース5億400万個分)
累計二酸化炭素削減量 累計二酸化炭素削減量 1398.12t-CO2 (東京ドーム83.7個分)
累計寄付金額 累計寄付金額 11,291,519円
2022年10月時点

ABOUTムービー

イラスト動画でわかる!
アイシティ ecoプロジェクト

アイシティ ecoプロジェクトで行っている
3つの社会貢献活動をイラストでわかりやすく紹介

アイシティecoプロジェクト動画

High school days
ハイスクールデイズ

アイシティ ecoプロジェクトをきっかけに、
高校生2人の距離がぐっと縮まる青春物語(全6話)

アイシティハイスクールデイズ動画

METHOD回収方法

はがす
01 はがす

使い捨てコンタクトレンズの空ケースは、アルミシールをすべてはがします。コンタクトレンズやアルミシールが残っていないことをご確認ください。

注意点
集める
02 集める

空ケースは、捨てずに取っておきます。コンタクトレンズのメーカーやご購入先は問いません。ひとつでも多くのリサイクルにご協力をお願いいたします。

店舗に持ち込む
03 店舗に
持ち込む

お近くのアイシティ店舗に空ケースを持ち込み、店頭にある回収ボックスの中に入れれば完了です。 ※団体でご参加の場合は、貸出用の回収ツールをご利用いただけます。

団体でのご参加はこちら 回収ボックス設置の店舗はこちら

AFTER回収後はどうなるの?

使い捨てコンタクトレンズの空ケースを回収

使い捨てコンタクトレンズの
空ケースを回収

詳しく見る

障がい者自立・就労支援

詳しく見る
障がい者自立・就労支援
リサイクル工場で粉砕

リサイクル工場で粉砕

詳しく見る

日本アイバンク協会へ寄付

詳しく見る
日本アイバンク協会へ寄付
リサイクル製品として再生

リサイクル製品として再生

詳しく見る

CASE社会に広がる活動の輪「アイシティ ecoプロジェクト」協働事例

「アイシティ ecoプロジェクト」は、使い捨てコンタクトのユーザーなら誰でもできる参加型の社会貢献活動です。
その活動の輪は、学校や企業、自治体にも広がっています。

企業
企業

8672,413拠点

2,102

学校
学校
自治体(公共施設)
自治体
(公共施設)

168拠点

24

協定数
協定数
2022年8月時点
協働事例一覧

CONTACT「アイシティ ecoプロジェクト」に
参加しませんか?

会社や組織ぐるみで「アイシティ ecoプロジェクト」に取り組みたい――。
アイシティと同じ想いで活動していただける企業・学校・自治体・団体等の皆さまのご参加をお待ちしています。
※本活動において参加可能な団体は、「法人」もしくは「学校」もしくは「地方自治体」とさせていただいております。
※個人のお客様は、空ケースをお近くのアイシティ店舗へお持ちください。

協働事例一覧
金安 亮

イラストレーター

金安 亮RYO KANEYASU

岡山県倉敷市在住フリーランスのイラストレーターとして広告、書籍、WEB、ファッションブランドとのコラボレーションなどさまざまな媒体で活動。
Instagram@ryo_kaneyasu

INFORMATIONインフォメーション