新型コロナウイルス感染拡大により、営業時間等が通常と異なる場合がございます。
臨時営業情報は店舗ページにてご案内しておりますので「店舗の詳細はこちら」ボタンから最新の営業情報をご確認のうえご来店ください。

アイシティ加古川店・ニッケパークタウン加古川店

アイシティは加古川に2店舗!ご都合に合わせてどの店舗もご利用いただけます![加古川店]加古川駅南口からすぐ![ニッケパークタウン加古川店]ニッケパークタウン本館1F!
アイシティ初めての方に Wでお得!キャンペーン 2022.12.1(thu)-12月最終営業日 10,000円(税込・割引後)以上購入&円トーリでもれなく2,000円分アイシティポイントプレゼント +さらに 使い捨てレンズ店頭価格(税抜)から 25% OFF ※他の割引・サービスとの併用はできません。 ※他のアイシティポイントプレゼント企画、Tポイント、景品企画との併用はできません。 ※一部割引率の異なる店舗がございます。詳しくはキャンペーンサイトでご確認ください 詳しくはこちら
遠近相談会実施中 アイシティ初めてご利用の方対象 初めて遠近両用コンタクトご購入で 先着30名様 JCBギフトカード1,000円分プレゼント!! 店頭にて5,000円(税抜・割引後)以上ご購入が条件となります。※他の景品企画・アイシティポイントプレゼント企画との併用はできません。※なくなり次第終了。キャンペーン期限:2022年12月31日(土)まで【対象店舗】長岡リバーサイド千秋典・青森駅前店・垂水駅前店・ニッケパークタウン加古川店・加古川店・住道駅前店・姫路駅前店・イオンモール姫路リバーシティ―店・和泉中央店
サービス対象店舗でレンズの取り置きが出来るようになりました!店舗取り置きサービス
スマホを見ながら目のコリをほぐしませんか? 目の筋肉運動 詳しくはコチラネットでパッと! ほしいとき便 詳しくはコチラ

加古川でコンタクトレンズをお探しならぜひアイシティへ!!

  • 加古川店クーポンはこちら
  • ニッケパークタウン加古川店クーポンはこちら

駅近! 当日受け取り率89.7%※2022年4月時点、当社調べ アイシティは加古川に2店舗!

加古川店・ニッケパークタウン加古川店

加古川店

加古川駅南口からすぐ

当店は、JR加古川駅の南口を出てすぐ、ヤマトヤシキ向かいのベルデモール商店街の中にございます。
人気のサークルレンズや遠近両用レンズなど豊富なラインナップで、お得にコンタクトやケア用品をご購入いただけます。皆様のご来店をスタッフ一同、お待ちしております。

アイシティ 加古川店
住所
電話番号
営業時間

定休日

※店舗情報は変更となる場合がございますので、店舗詳細ページをご確認ください。

  • クーポンはこちら
  • アイシティを初めてご利用の方!らくらくWeb登録
  • 店舗の詳細はこちら

ニッケパークタウン加古川店

JR加古川駅近く ニッケパークタウン本館1F

当店は、JR加古川駅近くのニッケパークタウン本館1Fにございます。
人気のサークルレンズや遠近両用レンズなど各種取扱いしております。
スタッフがお客様の目やコンタクトレンズに関する悩みを解消いただけるようサポートさせていただきます。是非お気軽にお立ち寄りください。

アイシティ ニッケパークタウン加古川店
住所
電話番号
営業時間

定休日

※店舗情報は変更となる場合がございますので、店舗詳細ページをご確認ください。

  • クーポンはこちら
  • アイシティを初めてご利用の方!らくらくWeb登録
  • 店舗の詳細はこちら
その他の店舗を検索する

ご注意事項 <必ずお読みください>

  • 複数商品をご購入の際は、ご購入金額合計(税抜)に対して消費税を算出させていただきます。
  • 上記有効期限内で、おひとり様1回につき1枚使用可能です。国内店舗のみ有効。その他の割引・サービスとは併用できません。
  • 保証期間内の紛失価格には使用できません。
  • コンタクトレンズは高度管理医療機器です。眼科医の処方(指示書等)によりお求めください。眼科受診の際には健康保険証をお持ちください。
  • このクーポン画面をご提示いただかない場合は店頭価格になります。詳しくは店頭にてご確認ください。

コンタクトレンズは高度管理医療機器です。
必ず眼科医の指示を受けてお求めください。

眼科医による検査と処方(指示書等)を受け、正しい装用方法を守りましょう。

  • コンタクトレンズご使用の前には、必ず添付文書をよく読み、表現や内容でわからないところがあれば必ず眼科医に相談し、よく確認してからご使用下さい。
  • 添付文書は大切に保管して下さい。
    コンタクトレンズは眼に直接のせて使用するものです。コンタクトレンズの取扱い方法を誤ると、角膜潰瘍などの重い眼障害につながることがあります。また、治療せずにそれを放置すると失明してしまうこともあります。